音声ソフトでパソコン通信

  • 視覚障害者が音声ソフトでパソコン通信を利用できるかを確かめてみました。
    今日では多くの視覚障害者がインターネットを利用していますが、その可能性が国内で初めて確認された瞬間です。
  • 1986年12月6日に電気通信大学で行いました。参加者15名。
  • パソコンはFM-16β(音声合成カード内蔵)、音声ソフトはOSTALK、モデムは300bps、パソコン通信はASCIIネット。
  • 参加者は皆息をひそめて合成音声の読み上げ音を聞きました。写真左は長谷川貞夫先生。
  • この時の様子は月刊ASCII(1987年2月号p212)に簡単に紹介されています。

koyama88@cameo.plala.or.jp